シリコンバレープログラム

シリコンバレープログラムでは、現地で幅広いネットワークを持つWiLのシリコンバレーオフィスを拠点として、実践的な活動を行なっていきます。スタンフォード大学やスタートアップ、ベンチャーキャピタリスト、アクセラレーターなどを訪問することで、シリコンバレーのエコシステムを体感するとともに、事業ピッチする機会を複数設けます。彼らとの対話、フィードバック等を通じて事業目線をグローバルなものに高めるとともに、イノベーターとしてのマインドセットを養います。全体的なスケジュールには余裕を持たせ、ネットワーキングで知り合った人と打ち合わせをするなど、イノベーションのヒントを得たり事業のグローバル展開のきっかけをつかむことを目指します。

期間:2020年1月22日(水)(東京発)~1月31日(金)(現地発、翌日日本着予定)
対象:国内プログラム参加者から選抜された20名
場所:米国カリフォルニア州パロアルト市
   WiLパロアルトオフィス
シリコンバレープログラムに参加する場合のシリコンバレーへの航空券及びシリコンバレーでの宿泊費は提供します。詳細については規約および免責事項をご確認ください。

前半3日間:INPUT
Day1 アイスブレイクワークショップ:シリコンバレーマンドセットの習得
現地ベンチャーのピッチから英語ピッチの観点を学ぶ
Day2 スタンフォード訪問・シリコンバレーエコシステムに関するレクチャー
SVの起業家との対話・SVのVCの観点を学ぶ
SVメンターに対して自分の事業をピッチする
Day3 ビジョナリーVBや成功したスタートアップ(GAFAなど)・アクセラレーターの訪問
後半3日間:OUTPUT
午前中 WiLオフィスにて、ビジョナリーVC・ビジョナリーVBのレクチャー
午後 各自の事業計画の推進のためにWiLオフィスを母艦として飛び回る。
現地ピッチイベントへの参加、独自にVCやコラボレーション先VBを訪問。
自分の事業計画をブラッシュアップ、メンタリングを受ける。
最終日
(木曜日)
自分の事業の実現に向けてシリコンバレープログラム中の活動成果の発表
および、今後のアクション計画の発表(ピッチはDemo Dayに実施)

※1月31日(金)現地発、翌日日本着予定

過去のシリコンバレープログラム概要

団体訪問先:
スタンフォード大学、IDEO、LinkedIn、Salesforce、Plug and Play Center、500Startups、Whill、ChatWork、Drivemode、SAP、Honda Silicon Valley Lab、Bootstrap Lab、InterTrust、Soracom、Robby、Square、AirBnB、Facebook、Btrax、Udemy、FarmStead、など

ゲスト講師:
エンジェル投資家 リチャード・チェン氏、鳩山玲人氏、SearchMan創業者 柴田尚樹氏、Wasabi Ventures クリス・イェ氏、Quest Ventures アンディ小川氏、JINS Eyewear US, Inc. President 新井 仁氏、Evernote共同創業者 フィル・リービン氏、Junify CEO 安武 弘晃氏、Dozen Founder Ken Miura氏、Blue Field Strategy 関谷 英里子氏、日経BP社 中田 敦氏、Mercari, Inc Chief Executive Officer US & Global Chief Business Officer John Lagerling氏、など

その他コンテンツ:
現地始動サポーターとの個別面談、Yes Andワークショップ、チームでの新規事業創出ワークショップ、ピッチ大会、事業計画発表会